見出し画像

行動遺伝学の第一人者による人生を変えるためのヒント  『生まれが9割の世界をどう生きるか 遺伝と環境による不平等な現実を生き抜く処方箋』

遺伝がもたらす不平等な社会をいかに幸せに生きるか

 2021年に「親ガチャ」が新語・流行語大賞のトップ10に入りました。親の良し悪しで子どもの人生が決められてしまう。それはスマホゲームやカプセルトイのガチャ同然、運次第で、自分の努力ではどうしようもない。これがいまの若者を取り巻く閉塞感を象徴する言葉として流行し、注目されたようです。
 行動遺伝学者としては、「何をいまさら」と、これを冷ややかに眺めていました。人生すべてガチャであることなど、行動遺伝学的には当たり前の、生物学的必然です。ところが世間のこの言葉の使い方を見ると、どうも遺伝と環境のことが区別されていない。社会学者が文化資本論なんか持ち出して説明していたりして、どちらかと言えば環境からの説明が多く、遺伝の方には全然注目していない。まあ、そんなのはいつものことですが、これには違和感を強く覚えました。
 この年はマイケル・サンデルの『実力も運のうち 能力主義は正義か?』(早川書房)も注目されました。この主張は、私も前からそう思っていたことでもあり、基本的には賛同していますが、能力主義批判の根拠として当然位置付けられるはずの遺伝については、オブラートに包んだまま理論構築しようとしているのに歯がゆい思いがしました。サンデルの理論は、ジョン・ロールズの正義論とも密接に関わっていて、ロールズはきちんと遺伝による能力の生得的な差異まで論じていますが、時代のせいもあり、その遺伝については不可知であるという前提に留まっています。人間の正義を考えるためには、人の出身や地位や財産や遺伝などを知らない原初状態を前提として考えねばならないというロールズの有名な「無知のヴェール」の思考実験で、遺伝だけには本当に無知のヴェールがかけられていました。
 時代は大きく変わってきているのです。遺伝子の塩基配列を全部読み解くゲノムワイド関連解析(GWAS:Genome Wide Association Study)から算出されるポリジェニックスコア(詳しくは本文で説明します)によって、一人ひとりの知能の遺伝的素質を描くことができるようになりました。それはまだ厚いすりガラスの向こう側に浮かび上がる姿をみるような、ぼんやりとしたものにすぎませんが、それでもおぼろげに遺伝子の姿が具体的に見えるようになってきました。これはそもそも人の能力の個人差に遺伝の大きいことを教えてくれる行動遺伝学に出会った時から、打ちのめされるような研究成果にたびたび出会い、自らのデータからもそれを確認してきた私にとって、追い討ちをかけてくれる研究の進歩です。
 脳科学の進歩にも目覚ましいものがあります。ヒトの精神活動が、脳のどのようなネットワークの活動に支えられているかについて、かなり具体的なイメージを持てるようになりました。さらに脳が外界の刺激にただ受動的に反応して学習をしているだけの臓器ではなく、能動的に外界を予測するモデルを作って、世界のリアルとのズレを最小限にしようと認識や情動を内的に作り上げていると考えることで、脳活動のすべてを説明できそうだという画期的な理論も登場しました。
 これらを従来からの双生児法による行動遺伝学の成果と結びつけて考えると、親ガチャはまず遺伝ガチャで、親による環境ガチャの影響は限定的、むしろ誰のせいにもできない、予測すらできない偶然の状況との出会いこそが、環境ガチャの本質であることが明確になります。遺伝という内部からも、環境という外部からもガチャだらけのはざまで、脳は常に世界についての確率計算を行い、認識し、行動し、学習し続けます。遺伝的素質と呼ばれるものは、その中でばくぜんとした内的感覚として察知され、経験の過程を経て、能力として、才能として社会の中に実装されるようになります。
まずはこのことをお伝えしたくて書いたのが本書です。
 すでに繰り返し自分の著書の中で書いてきましたが、「遺伝」という概念には誤解がつきものです。遺伝だと親から子に伝達する。遺伝だと運命が決められてしまう。遺伝だと一生変わらない。これらは本書でも改めて正しい理解の仕方を確認します。その上で、最近の遺伝子研究や脳研究の成果と、そして私自身のささやかな経験を踏まえ、この社会で前向きに生きていくにはどうしたらいいのかについて、想定問答集の形で書き綴つづってみました。
 世界は遺伝ガチャと環境ガチャでほとんどが説明できてしまう不平等なものですが、世界の誰もがガチャのもとで不平等であるという意味で平等であり、遺伝子が生み出した脳が、ガチャな環境に対して能動的に未来を描いていくことのできる臓器なのだとすれば、その働きがもたらす内的感覚に気づくことによって、その不平等さを生かして、前向きに生きることができるのではないでしょうか。
 ごいっしょに考えていただければ幸いです。

安藤寿康(あんどう・じゅこう)
1958年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。慶應義塾大学文学部教授。博士(教育学)。専門は教育心理学、行動遺伝学、進化教育学。著書に『心はどのように遺伝するか―双生児が語る新しい遺伝観』(講談社)、『遺伝マインド―遺伝子が織り成す行動と文化』(有斐閣)、『遺伝子の不都合な真実―すべての能力は遺伝である』(筑摩書房)、『遺伝と環境の心理学―人間行動遺伝学入門』(培風館)『日本人の9割が知らない遺伝の真実』(小社刊)、『「心は遺伝する」とどうして言えるのか-ふたご研究のロジックとその先へ』(創元社)、『なぜヒトは学ぶのか―教育を生物学的に考える』(講談社)などがある。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!